「突然死の原因は『心疾患』が6割」幡芳樹著

公開日: 更新日:

 日本では年間10万人もの人が突然死していて、原因の6割を占めるのが心疾患だという。引き金となる血管の劣化は自覚症状もなくジワリと進むため、“自分は心臓の病気にかかったことがないから大丈夫”とはいかない。

 そこで知っておきたいのが、突然死の“予告”の症状。これを知っていれば、早めの対処も可能になる。例えば、心疾患による心臓の痛みや圧迫感は左胸にだけ起こるとは限らない。そもそも心臓は胸の中央に位置するため、右胸が痛むことも珍しくないのだ。

 呼吸時に胸の奥でぜいぜいという喘鳴がすることもある。喘息と間違われがちだが、心臓のポンプ機能の低下で肺に水がたまると、喘鳴が起きやすくなるのだという。手遅れになる前に、知っておきたい。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る