• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「突然死の原因は『心疾患』が6割」幡芳樹著

 日本では年間10万人もの人が突然死していて、原因の6割を占めるのが心疾患だという。引き金となる血管の劣化は自覚症状もなくジワリと進むため、“自分は心臓の病気にかかったことがないから大丈夫”とはいかない。

 そこで知っておきたいのが、突然死の“予告”の症状。これを知っていれば、早めの対処も可能になる。例えば、心疾患による心臓の痛みや圧迫感は左胸にだけ起こるとは限らない。そもそも心臓は胸の中央に位置するため、右胸が痛むことも珍しくないのだ。

 呼吸時に胸の奥でぜいぜいという喘鳴がすることもある。喘息と間違われがちだが、心臓のポンプ機能の低下で肺に水がたまると、喘鳴が起きやすくなるのだという。手遅れになる前に、知っておきたい。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る