「突然死の原因は『心疾患』が6割」幡芳樹著

公開日:  更新日:

 日本では年間10万人もの人が突然死していて、原因の6割を占めるのが心疾患だという。引き金となる血管の劣化は自覚症状もなくジワリと進むため、“自分は心臓の病気にかかったことがないから大丈夫”とはいかない。

 そこで知っておきたいのが、突然死の“予告”の症状。これを知っていれば、早めの対処も可能になる。例えば、心疾患による心臓の痛みや圧迫感は左胸にだけ起こるとは限らない。そもそも心臓は胸の中央に位置するため、右胸が痛むことも珍しくないのだ。

 呼吸時に胸の奥でぜいぜいという喘鳴がすることもある。喘息と間違われがちだが、心臓のポンプ機能の低下で肺に水がたまると、喘鳴が起きやすくなるのだという。手遅れになる前に、知っておきたい。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る