「健康診断は受けてはいけない」近藤誠著

公開日: 更新日:

 日本人の多くが“健康のため”に受けている健康診断。しかし、「寿命を延ばす」といった効果を示すデータなどなく、欧米では否定されている検診すらあると、医師である著者は警鐘を鳴らす。

 たとえば、日本人男性の48%が受けている肺がん検診だが、欧米ではその効果が否定されている。アメリカでは肺がん検診の効果を調査するため、ヘビースモーカーの男性9000人を対象に12年にわたる比較試験が行われた。その結果、血痰などの自覚症状が出てから病院に行く“放置群”に比べ、定期的に胸部エックス線撮影などを行う“検診群”の方が、肺がん発見数は多かった。

 ところが、肺がんによる死亡数を調べてみると、検診群の方が明らかに多いことが分かったという。チェコでも同様の比較試験が行われたが、結果は同じ。検診で肺がんを早期発見しても、むしろ寿命に悪影響を及ぼしていたのだ。

 前立腺がんや乳がんなど、欧米では“推奨しない”とされる検診はいくつもある。その一方で、日本で各種の検診が推奨されているのは、厚労省にとって検診が「公共事業」であり、儲かるためであると本書。検診が自分の健康を脅かしていないか、調べる必要がありそうだ。(文藝春秋 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  8. 8

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  9. 9

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希は「U18日本代表を辞退すべき」の根拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る