「NORTH北へ」スコット・ジュレク著 栗木さつき訳

公開日:

 軽装で山々を走り抜けるトレイルランが、新しいスポーツとして若者の間でブームになっている。本書は、そのトレイルランの最高峰のひとつである北米アパラチアン・トレイル(AT)の総延長3500キロを46日8時間7分で走り切り、最速踏破記録(FKT)を打ち立てた著者の挑戦の過程をつづった回想録だ。「僕はつねに、トレイルとは地球の表面を走る血管だと考えてきた。大陸全体に広がる血管のように山脈や渓谷を縦横に走るトレイルでの体験を共有すれば、実に多くのことを学べる」と著者。

 肉体的にも精神的にも極限状態にある中で、くしくも妻の誕生日に、妻と仲間が待つ最後のカタディン山の頂に到達したときのシーンは感動的だ。 (NHK出版 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る