「天命」岩井三四二著

公開日: 更新日:

 安芸国の毛利家の次男、元就は、分家して猿掛城主、多治比元就となった。父・弘元の側室で、幼いころ、両親を失った元就を母親代わりに育ててくれた大方さまの尽力で、嫁取りの話もまとまった。だが、元就としてはそれどころではない。弱小国の領主として苦しんだ父は39歳で、兄は24歳で酒に溺れて死んだ。兄の子はまだ3歳で、21歳の元就が後見人として毛利家を動かしていかねばならない。そんな中、武田勢が攻めてくるとの報が入る。重圧にあえぐ元就に大方さまは「雪隠へ行きなされ」と言った。父は雪隠で、我は大江広元の子孫、我は大将と叫んで、平然とした顔で出てきて出陣したと。

 極悪非道と恐れられた戦国武将を描く歴史小説。

(光文社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

もっと見る