「歌え、汝龍たりし日々を」岩井三四二著

公開日:

 秦の都、咸陽の宮殿で郎官を務めている李斯の元に、官女らしき女が近づいて「これを王様にお伝えくださいまし」と竹簡を押しつけた。そこには信じられない話が記されていた。李斯は同郷の楚人、昌文君に相談して、真偽を確かめることにした。昌平君の近臣、昌文君が探り出した噂によると、太后の寝殿に出入りしている宦官に、実は宦官ではない男がいるという。竹簡には、太后はその偽宦官の子を2人も産んだと書かれていた。その偽宦官を太后の元に送り込んだのは、若い王に代わって仕切っている丞相の呂不韋だ。

 戦国時代を終わらせて初の帝国を築いた秦と、その遺構を引き継いだ漢の時代に蠢いた男たちを描く中国歴史小説。

(角川春樹事務所 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る