「くわしすぎる教育勅語」高橋陽一著

公開日: 更新日:

「教育勅語」は明治天皇の名で1890年に出されたもので、「父母に孝に」など12の徳目が説かれている。その最後に置かれているのがこんな徳目だ。「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スへシ」。ひとたび非常事態が起きたときは大義に勇気を振るって国家に尽くし、天と地とともに無限に続く皇室の運命を翼賛すべきである、の意。1945年に、教育勅語に基づく修身科などの授業は禁止されたが、1958年から「道徳」が小・中学校の時間割に入れられた。さらに2015年には「特別の教科」として位置付けられている。

「教育勅語」の文言を精読し、問題点を解説した一冊。

 (太郎次郎社エディタス2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る

人気キーワード