「道徳の時間」呉浩著

公開日:  更新日:

 ビデオジャーナリストの伏見が住む町でかつて陶芸教室を開いていた青柳が孤独死。当初、警察は自殺とみていたようだが、伏見は現場の壁に「道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?」との落書きが残されていたと知る。周辺では「生物」や「体育」の時間を始めると称して、不穏なイタズラが続いていた。そんな中、謹慎中の伏見は知人の田辺に呼び出される。伏見は田辺から、若い女性映画監督の越智を紹介される。越智は、13年前の殺人事件のドキュメンタリー映画を撮影する予定で、伏見にカメラを担当してほしいという。

 第61回江戸川乱歩賞受賞作。選考会が紛糾した問題作をリニューアルした完全版。

(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る