「道徳の時間」呉勝浩著

公開日: 更新日:

 ビデオジャーナリストの伏見が住む町でかつて陶芸教室を開いていた青柳が孤独死。当初、警察は自殺とみていたようだが、伏見は現場の壁に「道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?」との落書きが残されていたと知る。周辺では「生物」や「体育」の時間を始めると称して、不穏なイタズラが続いていた。そんな中、謹慎中の伏見は知人の田辺に呼び出される。伏見は田辺から、若い女性映画監督の越智を紹介される。越智は、13年前の殺人事件のドキュメンタリー映画を撮影する予定で、伏見にカメラを担当してほしいという。

 第61回江戸川乱歩賞受賞作。選考会が紛糾した問題作をリニューアルした完全版。

(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る