「道徳の時間」呉勝浩著

公開日: 更新日:

 ビデオジャーナリストの伏見が住む町でかつて陶芸教室を開いていた青柳が孤独死。当初、警察は自殺とみていたようだが、伏見は現場の壁に「道徳の時間を始めます。殺したのはだれ?」との落書きが残されていたと知る。周辺では「生物」や「体育」の時間を始めると称して、不穏なイタズラが続いていた。そんな中、謹慎中の伏見は知人の田辺に呼び出される。伏見は田辺から、若い女性映画監督の越智を紹介される。越智は、13年前の殺人事件のドキュメンタリー映画を撮影する予定で、伏見にカメラを担当してほしいという。

 第61回江戸川乱歩賞受賞作。選考会が紛糾した問題作をリニューアルした完全版。

(講談社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る

人気キーワード