• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「家訓で読む戦国」小和田哲男著

 領国統治のために制定した分国法や、道徳的規範を示す家訓、家臣らに語った経験談「武辺咄」、そして遺言状など。戦国大名の言葉から、彼らの生きざまや考え方を学ぶ歴史読み物。

 戦で負けて悔しい思いや苦い経験をすることが人間を大きくすると、「名将というのは、一度大敗北を喫した者をいうのだ」と語った朝倉宗滴(初代孝景の末子)や、遺言状で自らの戦歴を振り返りながら、有能な家臣たちの意見に耳を傾ける大切さを説いた扇谷上杉定正、合戦においては八分以上の勝ち方は大負けの下地をつくることになるから「六分か七分の勝ち方が一番いい」と語った武田信玄など。

 現代にも通じるリーダーの心得や組織論が満載。(NHK出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る