「家訓で読む戦国」小和田哲男著

公開日: 更新日:

 領国統治のために制定した分国法や、道徳的規範を示す家訓、家臣らに語った経験談「武辺咄」、そして遺言状など。戦国大名の言葉から、彼らの生きざまや考え方を学ぶ歴史読み物。

 戦で負けて悔しい思いや苦い経験をすることが人間を大きくすると、「名将というのは、一度大敗北を喫した者をいうのだ」と語った朝倉宗滴(初代孝景の末子)や、遺言状で自らの戦歴を振り返りながら、有能な家臣たちの意見に耳を傾ける大切さを説いた扇谷上杉定正、合戦においては八分以上の勝ち方は大負けの下地をつくることになるから「六分か七分の勝ち方が一番いい」と語った武田信玄など。

 現代にも通じるリーダーの心得や組織論が満載。(NHK出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  4. 4

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  7. 7

    多部「ナギサさん」vs篠原「ハケン」働く女子に刺さるのは

  8. 8

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

  9. 9

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

  10. 10

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

もっと見る