「家訓で読む戦国」小和田哲男著

公開日: 更新日:

 領国統治のために制定した分国法や、道徳的規範を示す家訓、家臣らに語った経験談「武辺咄」、そして遺言状など。戦国大名の言葉から、彼らの生きざまや考え方を学ぶ歴史読み物。

 戦で負けて悔しい思いや苦い経験をすることが人間を大きくすると、「名将というのは、一度大敗北を喫した者をいうのだ」と語った朝倉宗滴(初代孝景の末子)や、遺言状で自らの戦歴を振り返りながら、有能な家臣たちの意見に耳を傾ける大切さを説いた扇谷上杉定正、合戦においては八分以上の勝ち方は大負けの下地をつくることになるから「六分か七分の勝ち方が一番いい」と語った武田信玄など。

 現代にも通じるリーダーの心得や組織論が満載。(NHK出版 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る