「珈琲が呼ぶ」片岡義男著

公開日: 更新日:

 珈琲だけをテーマにした初の珈琲エッセー本。珈琲と椅子との関係、珈琲の登場する映画や音楽など、さながら珈琲百科全書の趣。読めば珈琲が飲みたくなること必至だ。(光文社 1800円+税)

■馥郁たる香りが立つエッセー

「富士には月見草がよく似合う」をもじれば、本書の著者には○○がよく似合う。その○○についての書き下ろしエッセー集。ついでにいえば、「僕」という一人称もとてもよく似合う。村上春樹が登場するより前から「僕」という主語をごく自然に使って違和感のない数少ない作家といえばヒントになるだろうか。

 さて○○である。さすがに漠然としすぎているから飲み物とだけいっておこう。著者と○○との長い付き合いの年月から、○○についてのさまざまな記憶から引き出されていく。話題は多岐にわたる。たとえば、○○を前に明かされる秘蔵のビートルズの4人のサイン入りポートレートをめぐる話、まだ駆け出しのライター時代に○○を横にいくつもの原稿を書いたこと。あるいは○○と椅子との密接な関係、「○○でいいや」というときの「で」に関する言語的考察、○○が出てくる映画と音楽に関する詳細な分析など、さながら○○百科全書の趣だ。

 頁のそこここから馥郁たる香りが立ち上り、読んでいるうちに○○が飲みたくなること必至。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る