「本と暮らせば」出久根達郎著

公開日: 更新日:

 半世紀以上にわたって古書店を営んできた直木賞作家の著者がつづるエッセー集。

 新規の本に目を通すのがおっくうに感じるとき、著者は「勝手知ったる」本を手に取り拾い読みをするうちにエンジンが温まり、はずみがついたところで読みたいと思っていた新しい本に乗り換えるという。そんな勝手知ったる本の一冊、沢村貞子著「私の浅草」は、さながら上質の人情世話物語であると、心に響いたエピソードを紹介する。

 また「駅前の宿」と題した一文では、北海道から上京した折に途中下車した町で読書家の旅館の女主人との出会いを描いた中谷宇吉郎の戦前のエッセー「I駅の一夜」を取り上げるなど、本と作家にまつわる珠玉のエッセーが未知なる本への読書欲を刺激する。

(草思社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る