「本と暮らせば」出久根達郎著

公開日:

 半世紀以上にわたって古書店を営んできた直木賞作家の著者がつづるエッセー集。

 新規の本に目を通すのがおっくうに感じるとき、著者は「勝手知ったる」本を手に取り拾い読みをするうちにエンジンが温まり、はずみがついたところで読みたいと思っていた新しい本に乗り換えるという。そんな勝手知ったる本の一冊、沢村貞子著「私の浅草」は、さながら上質の人情世話物語であると、心に響いたエピソードを紹介する。

 また「駅前の宿」と題した一文では、北海道から上京した折に途中下車した町で読書家の旅館の女主人との出会いを描いた中谷宇吉郎の戦前のエッセー「I駅の一夜」を取り上げるなど、本と作家にまつわる珠玉のエッセーが未知なる本への読書欲を刺激する。

(草思社 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る