「大江戸落語百景いびき女房」風野真知雄著

公開日: 更新日:

 大工の辰五郎が半月前に嫁にしたおたまは、隣町から見物人が来るほどのかわいらしさだが、当の辰五郎は浮かない顔。幼馴染みの平太が訳をたずねると、実は女房のいびきがすごくて、眠れないという。

 にわかには信じられない平太は、あんなにかわいい女房をもらったのだから、いびきくらいは我慢しろと諭すが、辰五郎は耳栓をしても中で割れるほどのいびきに我慢の限界を超え、まともに聞いていると怖くなってくるほどだという。おまけに、おたま自身は自分のいびきに全く気づいていない。大家から長屋を出ていくよう迫られた辰五郎は、わらにもすがる気持ちで平太に紹介された医師に往診を頼むが……。(表題作)

 落研出身の作家による新作落語小説集第4弾。

 (徳間書店 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る