「大江戸落語百景いびき女房」風野真知雄著

公開日: 更新日:

 大工の辰五郎が半月前に嫁にしたおたまは、隣町から見物人が来るほどのかわいらしさだが、当の辰五郎は浮かない顔。幼馴染みの平太が訳をたずねると、実は女房のいびきがすごくて、眠れないという。

 にわかには信じられない平太は、あんなにかわいい女房をもらったのだから、いびきくらいは我慢しろと諭すが、辰五郎は耳栓をしても中で割れるほどのいびきに我慢の限界を超え、まともに聞いていると怖くなってくるほどだという。おまけに、おたま自身は自分のいびきに全く気づいていない。大家から長屋を出ていくよう迫られた辰五郎は、わらにもすがる気持ちで平太に紹介された医師に往診を頼むが……。(表題作)

 落研出身の作家による新作落語小説集第4弾。

 (徳間書店 660円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  9. 9

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  10. 10

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

もっと見る