「理想の死」を考察する生々しいルポ

公開日: 更新日:

 たとえ重い病に倒れても、“生き続ける可能性”を信じてつらい治療に耐え抜くべきだろうか。それがもし、治癒困難の病でも? もし、自分が高齢でも?

 宮下洋一著「安楽死を遂げるまで」(小学館 1600円+税)は、安楽死や自殺幇助(ほうじょ)が認められているヨーロッパ各国で、安楽死に携わる医療関係者、見送った家族、そして安楽死を選んだ患者本人を取材した渾身のルポだ。

 冒頭から、スイスのバーゼルで著者自身が立ち会った安楽死の瞬間のシーンが描写される。享年81の英国人女性。がん治療を望まず、安楽死を選んだという。医師が点滴薬を入れる。患者の手首に巻きつけたストッパーを患者自らが開くことで、薬が体内に入る。

「思い通りに生きられなくなったら、そのときが私にとっての節目だって考えてきました」

 そんな言葉を残し、彼女はストッパーを開く。20秒ほどの後、枕に乗せられていた頭がまるでうたた寝のようにコクリと傾く……。

 スイスでは積極的安楽死は違法だが、特定の要件が満たされていれば自殺幇助は違法に当たらない。要件とは、①耐えられない痛みがある②回復の見込みがない③明確な意思表示ができる④治療の代替手段がない、という4つだ。ニュアンスは違えど、他の安楽死容認国でもこの要件はおおむね共通している。

 全死因の4%が安楽死というオランダでは、患者が終末期であることを明記しておらず、痛みについても“肉体”には限定していない。そして認知症や精神疾患も耐えがたい痛みの範疇(はんちゅう)として検討され、安楽死が実施されているという。

 安楽死を認めていない日本で起きた「安楽死事件」についてもルポ。「理想の死」とは何かを考えさせられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る