不透明な有害ガスの行方など東京外環道建設の闇

公開日: 更新日:

 知らないうちに自宅の地下に巨大なトンネルが掘られ、さまざまな被害が懸念されるも国からの正式な通知は一切なし。そんなでたらめな計画の真実を明らかにしているのが、丸山重威著、東京外環道訴訟を支える会編「住宅の真下に巨大トンネルはいらない!」(あけび書房 1600円+税)だ。

 問題となっているのは、東名・中央・関越などの高速道路を環状に連絡する「東京外環道」の建設。1960年代に計画されたものだが、杉並区や三鷹市など7区市を貫く区間では、数千の住宅の立ち退きや環境破壊に地元の反対が起こり、40年にわたり凍結されていた。

 ところが、大型公共事業を景気テコ入れの材料にしたい自民党政権が法制化を進めて「大深度法」を制定。2012年から外環道建設の“地下化”を強行している。この法は、①地下40メートル以深、②基準杭の支持地盤上面から10メートル以深、のいずれか深い方の地下を大深度地下として使用許可の対象とするもの。その土地の住民に何の補償も承諾もなく、地下トンネルを勝手に掘ることを認めるというのだから開いた口がふさがらない。

 しかも、大深度地下であるから地上に影響はないのかと思いきや、そうではない。地下を掘削する際には土を掘りやすくする薬剤が用いられるが、掘削土の処理については不透明なまま。大深度の土壌汚染調査についても明確な発表がない。さらに、陥没や地盤沈下の危険性、有害ガスの行方、大雨時に水を吸収する帯水層を道路にすることによる河川氾濫リスクなど、数々の疑問に答えを出さないまま掘削が進められているのだ。

 こんな無法がまかり通っていいのか。全国民が真実を知るべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    侍J深刻ファン離れ ZOZOマリンがロッテ戦より不入りの衝撃

  4. 4

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  5. 5

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  6. 6

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  9. 9

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  10. 10

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る