「私のイサベル」エリーサベト・ノウレベック著 奥村章子訳

公開日: 更新日:

 心理カウンセラーのステラは、夫と13歳になる息子ミロと幸せな日々を送っていた。しかし、ある日、クリニックに現れたクライアントの大学生イサベルによって平穏だった日常が一変する。ステラは、父親を失い不眠症を訴えるイサベルと会った瞬間に、彼女が20年前に行方不明になった愛娘のアリスだと確信したからだ。

 動揺を隠してカウンセリングをするステラには、彼女が偶然、目の前に現れたとは思えない。

 20年前、娘を失った悲しみを何とか乗り越えたステラは再び、当時のようなパニック障害に襲われる。

 一方、父の死で真実を知ったイサベルは、心の中に湧き上がる悪意を鎮めることができない。

 スウェーデン発の長編心理サスペンス。

(早川書房 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  6. 6

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る