「私のイサベル」エリーサベト・ノウレベック著 奥村章子訳

公開日: 更新日:

 心理カウンセラーのステラは、夫と13歳になる息子ミロと幸せな日々を送っていた。しかし、ある日、クリニックに現れたクライアントの大学生イサベルによって平穏だった日常が一変する。ステラは、父親を失い不眠症を訴えるイサベルと会った瞬間に、彼女が20年前に行方不明になった愛娘のアリスだと確信したからだ。

 動揺を隠してカウンセリングをするステラには、彼女が偶然、目の前に現れたとは思えない。

 20年前、娘を失った悲しみを何とか乗り越えたステラは再び、当時のようなパニック障害に襲われる。

 一方、父の死で真実を知ったイサベルは、心の中に湧き上がる悪意を鎮めることができない。

 スウェーデン発の長編心理サスペンス。

(早川書房 2100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る