「紋切型社会」武田砂鉄著

公開日: 更新日:

 誰もが何げなく使っている言葉に潜む社会の欺瞞をあぶり出すコラム集。

「五体不満足」の乙武洋匡氏と、薬害エイズ事件原告の川田龍平氏。同い年の2人だが、前者は乙武「君」と呼ばれ、後者は川田「さん」と呼ばれるのはなぜか。乙武氏が、障害者は「君たちが決めつけてくるほど不幸じゃないよ」と快活に放つメッセージと、それを受け取る側の承諾が早い段階でスムーズに交わされたからこそ、彼には親しみの証しとして「君」という敬称が安定的に使われたと説き、障害の深刻度を「最適化」する世の中を斬る。

 他にも、結婚式で新郎新婦が読み上げる手紙の「育ててくれてありがとう」「国益を損なうことになる」など。はびこる紋切り型言葉遣いを解きほぐし、世の中にまかり通る嘘を暴く。

 (新潮社 590円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る