原田曜平氏 新著につづった世代間ギャップ乗り切るヒント

公開日:  更新日:

「マイルドヤンキー」「さとり世代」などの流行語や、日本テレビ系「ZIP!」のレギュラーコメンテーターとしても知られる博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダーの原田曜平氏(38)の新著「世代論の教科書」(東洋経済)が話題になっている。

 博報堂新しい大人文化研究所統括プロデューサーの阪本節郎氏(63)との共著で、戦後の各世代を団塊世代(1947~51年生まれ)、ポパイJJ世代(52~60年)、新人類世代(61~65年)、バブル世代(66~70年)、団塊ジュニア世代(71~82年)、さとり世代(83~94年)に分類。日本の現役世代がどのような時代背景に育ち、どのような価値観を持って生きているかが象徴的な出来事などとともにつづられている。

 ネット社会が老若男女にまで普及し、かつてのような紋切り型の対応ではコミュニケーションに支障が出る現代社会。クロスジェネレーションという概念の下、バックグラウンドも価値観も違う世代がうまく付き合うためにはどうしたらいいのか。世代間ギャップを埋めるためのヒントと話題に事欠かない好著だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る