「あの天才がなぜ転落」玉手義朗著

公開日: 更新日:

 クロアチア生まれのニコラ・テスラは、幼い頃から数式や物の仕組みを考えると、3次元のイメージが頭に浮かび上がる特殊な能力があった。グラーツ工科大学に入学すると、当時、誰も手を出さなかった交流モーターの開発に取り組み、発明王エジソンですら諦めていた交流モーター実現のアイデアを思いつく。

 エジソンに提案するも無視されたテスラは会社を設立。1893年に開催されたシカゴ国際博覧会ではエジソンに打ち勝ち、交流システムが採用。電流システムの覇権を手にする。

 そんな中、イタリアの通信技師が世界初の無線通信に成功。同じく開発を手掛けていたテスラの自尊心は傷つき、これを機に迷走を始める……。

 麻酔の発見者ホレス・ウェルズら12人の天才たちの生涯を追いながら、その「失敗の本質」を解説する。

(日経BP社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  3. 3

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  4. 4

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  5. 5

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  6. 6

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  7. 7

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  8. 8

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  9. 9

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード