「あの天才がなぜ転落」玉手義朗著

公開日: 更新日:

 クロアチア生まれのニコラ・テスラは、幼い頃から数式や物の仕組みを考えると、3次元のイメージが頭に浮かび上がる特殊な能力があった。グラーツ工科大学に入学すると、当時、誰も手を出さなかった交流モーターの開発に取り組み、発明王エジソンですら諦めていた交流モーター実現のアイデアを思いつく。

 エジソンに提案するも無視されたテスラは会社を設立。1893年に開催されたシカゴ国際博覧会ではエジソンに打ち勝ち、交流システムが採用。電流システムの覇権を手にする。

 そんな中、イタリアの通信技師が世界初の無線通信に成功。同じく開発を手掛けていたテスラの自尊心は傷つき、これを機に迷走を始める……。

 麻酔の発見者ホレス・ウェルズら12人の天才たちの生涯を追いながら、その「失敗の本質」を解説する。

(日経BP社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る