「特攻 知られざる内幕」戸髙一成編

公開日: 更新日:

 戦時中の海軍の失敗を検証し、記録するために行われた海軍元中堅幹部による会議をまとめた全11巻の「[証言録]海軍反省会」から、特攻に関する議論をまとめた抄録集。

 絶対死を前提にした特攻作戦は、レイテ決戦でやむを得ずに始められたといわれてきた。しかし、連合艦隊参謀だった中島親孝氏によると、その1年以上も前の昭和18年夏、軍令部二部長に転出した黒島亀人が着任直後から特攻作戦を要求していたという。

 他にも、素人同然の水雷参謀が潜水艦部隊を指揮したため、水中特攻作戦でも損害ばかりで戦果の少ない結果になったことも明かされる。一方で特攻が終戦の実現に影響を与えた可能性を説くなど、特攻を送り出した側の現実と本音が交錯する生々しい証言集。

(PHP研究所 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る