「特攻 知られざる内幕」戸髙一成編

公開日: 更新日:

 戦時中の海軍の失敗を検証し、記録するために行われた海軍元中堅幹部による会議をまとめた全11巻の「[証言録]海軍反省会」から、特攻に関する議論をまとめた抄録集。

 絶対死を前提にした特攻作戦は、レイテ決戦でやむを得ずに始められたといわれてきた。しかし、連合艦隊参謀だった中島親孝氏によると、その1年以上も前の昭和18年夏、軍令部二部長に転出した黒島亀人が着任直後から特攻作戦を要求していたという。

 他にも、素人同然の水雷参謀が潜水艦部隊を指揮したため、水中特攻作戦でも損害ばかりで戦果の少ない結果になったことも明かされる。一方で特攻が終戦の実現に影響を与えた可能性を説くなど、特攻を送り出した側の現実と本音が交錯する生々しい証言集。

(PHP研究所 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る