「私が息子を殺した」と慟哭した母

公開日: 更新日:

「戦争が遺した歌」長田暁二著 全音楽譜出版社

 戦争中に軍人一家の長男に嫁いだ女性がいた。最初に娘が生まれ、次にまた娘だったので、また女か、という空気が漂う。

 3人目に息子が生まれ、周囲は手のひらを返したように、でかした、でかした、という雰囲気になった。

 その女性も胸を張って息子にスパルタ教育をし、それに応えた息子は江田島の海軍兵学校に進んだ。そして、特攻を志願する。戦地に発つ前、別れに来た息子に彼女は先祖伝来の短刀を渡した。つまりは、捕まりそうになったら、これで死ねということである。

 それに対して息子は、まるで上官に対するような敬礼をして出発していった。まもなく戦死の報が届き、白木の柩と一緒の遺書には「後に続くものを信ず」とあった。当時はやった「軍国の母」という歌にこうある。

 生きて還ると思うなよ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る