「私が息子を殺した」と慟哭した母

公開日:  更新日:

「戦争が遺した歌」長田暁二著 全音楽譜出版社

 戦争中に軍人一家の長男に嫁いだ女性がいた。最初に娘が生まれ、次にまた娘だったので、また女か、という空気が漂う。

 3人目に息子が生まれ、周囲は手のひらを返したように、でかした、でかした、という雰囲気になった。

 その女性も胸を張って息子にスパルタ教育をし、それに応えた息子は江田島の海軍兵学校に進んだ。そして、特攻を志願する。戦地に発つ前、別れに来た息子に彼女は先祖伝来の短刀を渡した。つまりは、捕まりそうになったら、これで死ねということである。

 それに対して息子は、まるで上官に対するような敬礼をして出発していった。まもなく戦死の報が届き、白木の柩と一緒の遺書には「後に続くものを信ず」とあった。当時はやった「軍国の母」という歌にこうある。

 生きて還ると思うなよ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る