「復刻アサヒグラフ 昭和二十年 日本の一番長い年」朝日新聞出版編

公開日:  更新日:

 1923年創刊の「アサヒグラフ」は、終戦間際に旬刊となったものの、戦中から戦後の混乱期も休刊することなく続いた唯一の週刊グラフ誌。本書は、太平洋戦争が終結した1945年の一年間に発刊された同誌の中から重要な10冊を選んだ復刻版だ。

 1940年に発足した第2次近衛文麿内閣による「出版新体制」によって、娯楽や趣味の雑誌は休刊・廃刊に追い込まれ、残った出版物は厳しい検閲のもとで「国策雑誌」化し、回覧用の捺印・署名欄まで設けられる。

 1945年の正月号の冒頭は、天皇陛下の近影とともに動静を伝える。続いて、戦況の解説にはじまり、本土に来襲するB29を捕捉するための陸軍の制空監視陣の活躍や、陸軍の複座戦闘機「屠龍」、海軍の一式陸上攻撃機「銀河」、艦上攻撃機「彗星」など最新鋭機の雄姿の紹介。そして世界各地の戦地の前線と銃後の様子などが高揚した文章で報じられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る