「復刻アサヒグラフ 昭和二十年 日本の一番長い年」朝日新聞出版編

公開日: 更新日:

 1923年創刊の「アサヒグラフ」は、終戦間際に旬刊となったものの、戦中から戦後の混乱期も休刊することなく続いた唯一の週刊グラフ誌。本書は、太平洋戦争が終結した1945年の一年間に発刊された同誌の中から重要な10冊を選んだ復刻版だ。

 1940年に発足した第2次近衛文麿内閣による「出版新体制」によって、娯楽や趣味の雑誌は休刊・廃刊に追い込まれ、残った出版物は厳しい検閲のもとで「国策雑誌」化し、回覧用の捺印・署名欄まで設けられる。

 1945年の正月号の冒頭は、天皇陛下の近影とともに動静を伝える。続いて、戦況の解説にはじまり、本土に来襲するB29を捕捉するための陸軍の制空監視陣の活躍や、陸軍の複座戦闘機「屠龍」、海軍の一式陸上攻撃機「銀河」、艦上攻撃機「彗星」など最新鋭機の雄姿の紹介。そして世界各地の戦地の前線と銃後の様子などが高揚した文章で報じられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  4. 4

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  9. 8

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

もっと見る