「なぜ『つい』やってしまうのか」デイビッド・ルイス著、得重達朗訳

公開日: 更新日:

 人はみな自分の意思に基づいて理性的に行動しているつもりでいるが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、一目惚れや性衝動、衝動買い、暴力など、実は衝動的に「つい」やってしまうケースは意外と多い。

 本書は、人が自制心を失うメカニズムや、衝動によって起こる問題を紹介しつつ、衝動の持つ長所と短所を考察し、自制心を鍛える方法にも言及している。

 人が自制心を失う瞬間を挙げてみると、その引き金として視覚や嗅覚、聴覚などの五感が深く関わっていることがわかる。また脳の一部を損傷した人の中に衝動性が抑えられなくなる人がいることや、脳が発達途中のティーンエージャーに衝動的な行動が多いことから、脳と衝動性の関係も無視できない。

 面白いのは、衝動を抑える自制心は筋肉と似ており、鍛えることで強くなるが、使い続けると疲労して自制心が薄れるという指摘だ。ひとつの物事を自制している最中には、別の方面の衝動を抑えにくくなるという事例も興味深い。(CCCメディアハウス 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

  10. 10

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

もっと見る

人気キーワード