「なぜ『つい』やってしまうのか」デイビッド・ルイス著、得重達朗訳

公開日: 更新日:

 人はみな自分の意思に基づいて理性的に行動しているつもりでいるが、食べ過ぎ、飲み過ぎ、一目惚れや性衝動、衝動買い、暴力など、実は衝動的に「つい」やってしまうケースは意外と多い。

 本書は、人が自制心を失うメカニズムや、衝動によって起こる問題を紹介しつつ、衝動の持つ長所と短所を考察し、自制心を鍛える方法にも言及している。

 人が自制心を失う瞬間を挙げてみると、その引き金として視覚や嗅覚、聴覚などの五感が深く関わっていることがわかる。また脳の一部を損傷した人の中に衝動性が抑えられなくなる人がいることや、脳が発達途中のティーンエージャーに衝動的な行動が多いことから、脳と衝動性の関係も無視できない。

 面白いのは、衝動を抑える自制心は筋肉と似ており、鍛えることで強くなるが、使い続けると疲労して自制心が薄れるという指摘だ。ひとつの物事を自制している最中には、別の方面の衝動を抑えにくくなるという事例も興味深い。(CCCメディアハウス 2000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット