北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「エスケープ・トレイン」熊谷達也著

公開日: 更新日:

 自転車ロードレースが盛んになってきたとはいっても、まだまだ外国に比べて我が国の競技人口は少ない。日本ではいまだにマイナースポーツである。だから選手は大変だ。

 ロードレースの本場であるヨーロッパのトッププロの年収は億を超えるが、それは一部の選手にすぎず、多くの選手の年収は300万~400万円といわれている。ヨーロッパに比べてはるかにマイナーなスポーツに位置づけられている日本国内の事情は推して知るべし。それでも彼らが頑張るのは、自転車に乗ることが楽しいからである。

 本書の主人公、小林湊人23歳も、そんなひとりだ。大学2年までは陸上競技をしていたが(5000メートルがメイン)、右足を疲労骨折。さらに完治する前に無理をしたので、もっと重症になり、リハビリのために自転車を始めたのをきっかけに、ロードレースに転向したという経緯がある。いまは地元のチームに所属してさまざまなレースを戦っている。面白いのはこの青年、強くなりたいとか大レースに勝ちたいという野心というか、目標を持っていないことだ。

 だから、ラスト近くの心臓破りの坂を、あとさき考えず、全力でアタックする場面が印象に残る。肺が悲鳴をあげ、視界が暗くなり、もうだめだという瞬間に、突然足が軽くなるのだ。極限を超えると、新たなものが見えてくるということか。眠っていた才能が開花する、この瞬間が美しい。 (光文社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る