北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「エスケープ・トレイン」熊谷達也著

公開日: 更新日:

 自転車ロードレースが盛んになってきたとはいっても、まだまだ外国に比べて我が国の競技人口は少ない。日本ではいまだにマイナースポーツである。だから選手は大変だ。

 ロードレースの本場であるヨーロッパのトッププロの年収は億を超えるが、それは一部の選手にすぎず、多くの選手の年収は300万~400万円といわれている。ヨーロッパに比べてはるかにマイナーなスポーツに位置づけられている日本国内の事情は推して知るべし。それでも彼らが頑張るのは、自転車に乗ることが楽しいからである。

 本書の主人公、小林湊人23歳も、そんなひとりだ。大学2年までは陸上競技をしていたが(5000メートルがメイン)、右足を疲労骨折。さらに完治する前に無理をしたので、もっと重症になり、リハビリのために自転車を始めたのをきっかけに、ロードレースに転向したという経緯がある。いまは地元のチームに所属してさまざまなレースを戦っている。面白いのはこの青年、強くなりたいとか大レースに勝ちたいという野心というか、目標を持っていないことだ。

 だから、ラスト近くの心臓破りの坂を、あとさき考えず、全力でアタックする場面が印象に残る。肺が悲鳴をあげ、視界が暗くなり、もうだめだという瞬間に、突然足が軽くなるのだ。極限を超えると、新たなものが見えてくるということか。眠っていた才能が開花する、この瞬間が美しい。 (光文社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る