北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「戦場のアリス」ケイト・クイン著 加藤洋子訳

公開日: 更新日:

 第1次大戦中、ドイツ軍が占領している北部フランスで、ひそかに活動を続けていた女性たちがいた。それがアリス率いるスパイ網だった――というのは歴史的事実だが、あまり知られていないと著者あとがきにある。

 本書は、その実話を基にしたスパイ小説で読みはじめるとやめられなくなる。それは人物造形が素晴らしく、構成が巧みだからである。たとえば、話は2つに分かれている。ひとつは1947年のシャーリーの物語だ。彼女は第2次大戦中に行方不明になった、いとこのローズを捜している。で、その消息の鍵を握ると思われるイヴのもとを訪れる。で、イヴと一緒にローズを捜す旅に出る。

 もうひとつは、旅の途中でイヴが語る30年前、つまり第1次大戦中のスパイ活動の日々だ。このイヴという酔いどれの中年女が、アリスに率いられたネットワークで活躍していた女性スパイだったのである。というわけで、2つの話が語られていくが、もちろん最後には合流する。

 この小説が素晴らしいのは、話が圧倒的に面白いこともあるが、なによりもその着地が秀逸であることだ。復讐をなし遂げれば、本当に心の安定は得られるのか、という問題を前にしたときの解決策がここにあるのだ。イヴの復讐を止めるために、シャーリーが取った究極の行動とは何か。その最後の地点まで読者をぐいぐい引っ張っていく強い筆致がホント、素晴らしい。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1204円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  8. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る