北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ザ・プロフェッサー」ロバート・ベイリー著、吉野弘人訳

公開日: 更新日:

 登場人物は類型的なのにめっぽう読ませる小説というものが時にある。本書がそれだ。

 主人公は、大学で法律を教えていたトム68歳。妻をがんで亡くし、卑劣な教え子の謀略で大学を追われ、さらに膀胱がんを宣告されるところから本書が始まる。そこに昔の恋人が現れるのだ。娘夫婦と孫娘をトラックとの衝突事故で亡くした彼女は、運送会社を相手取って訴訟を起こしたいと相談してくる。しかしトムは40年も法廷を離れていて、さらに病気を抱えているので、それどころではない。とても彼女の期待にこたえることはできないと、若い弁護士を紹介することになる。それが本書のもう一人の主人公リックだ。

 実はこのリック、トムの教え子の一人なのだが、あるいきさつから絶縁状態が続いていた。過去の確執があるので最初は依頼を断るが、家賃の支払いにも事欠くありさまなので、そうも言っていられない。で、リックが訴訟を担当することになって法廷劇が始まっていく。もちろん、途中からトムも首を突っ込み、力をあわせる展開になっていく。

 厳しく採点すれば、敵方の運送会社が賢くないことや、物語そのものに奥行きがないので、通俗リーガル小説の域を出ていないと言わざるを得ない。しかしそういう欠点は承知の上で言えば、これだけ読ませてくれればいいじゃないかという気もするのである。肩の凝らない読み物として読まれたい。 (小学館 970円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る