北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「泥の銃弾(上・下)」 吉上亮著

公開日: 更新日:

 2019年7月、東京オリンピックを1年後に控えた千駄ケ谷の新国立競技場で、東京都知事が狙撃される――という衝撃的な冒頭から、難民であふれる東京の混沌と、内戦で揺れるシリアの過酷な戦場を結ぶ迫力満点の物語がスタートする。
 主人公は2人。まずは日本人ジャーナリストの天宮。大新聞社を辞め、ネット記事を書いている一匹狼だ。都知事狙撃事件の1年後に天宮に電話をかけてきたのは、謎の男アル・ブラク。狙撃事件の真相を知りたくないかと、彼は情報提供を申し出る。こうして2人の、都知事狙撃事件の裏にひそむ真相をあぶりだす探索行が始まるのだ。
 東京オリンピックを見据えて難民の受け入れを決めた日本を舞台に展開するこの物語は、「アラブの春」から始まる中東国家の崩壊とシリアの分裂、それによって1000万人を超える難民が流出したリアルな現実を背景にして、日本の進むべき道をめぐる暗闘を巧みに、そして鮮烈に描いている。
 特に、アル・ブラクの回想として物語に登場するシリアの戦闘シーンの迫力がすごい。こういうアクションシーンがきちんと描けていることは現代のエンターテインメントとして高く評価したい。メッセージだけの小説ではけっしてないのだ。
 2013年にデビューした作家なので、まだ新人といっていいが、今後が楽しみな作家として注目していきたい。
(新潮社 上巻630円+税 下巻710円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る