北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「隠居すごろく」西條奈加著

公開日: 更新日:

 定年後をどうやって過ごすか、というのは年配者にとって重要な問題である。本書の時代背景は江戸時代だが、それはいつの時代でもかわらないのだ。

 本書の主人公、嶋屋徳兵衛は6代続いた糸問屋の主人だが、隠居を宣言するところから始まっていく。この徳兵衛、隠居したからといって特に何をするわけではない。しかも長年連れ添ってきた妻は隠居所に同行せず、これまで通り家にいるという。特に妻と何かをするつもりであったわけではないが、なんだかアテが外れたような気がしないでもない。

 で、嶋屋からそう遠くないところに隠居所をつくって引っ越すのだが、すぐにやってきたのが孫の千代太。まだ8歳のかわいい盛りの男の子だ。幼い子の足でも行き来できるところに隠居所をつくったのが大正解。妻が来なくても孫が毎日通ってくれれば、それで十分だ。ところがこの孫、いろいろなものを連れてくる。最初は犬、次に猫。どんどん拾ってくるのだ。最後はとうとう人間まで拾ってくる。ボロ雑巾のようなものを身にまとい、顔も手足もまっくろの兄と妹。「飯、食わしてくれるっていうから、ついてきただけだ」と、態度もふてぶてしい。しかもその兄妹だけならともかく、孫の千代太はどんどん連れてくるから大変だ。

 というわけで、徳兵衛の隠居計画は大幅に狂いだすという長編である。しかしこういう生活も悪くないとの気がしてくる。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  3. 3

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  4. 4

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  5. 5

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    「Go To トラベル」は存続の危機?観光庁に聞いた30の質問

  8. 8

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

もっと見る