北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「わたし、定時で帰ります。ハイパー」朱野帰子著

公開日: 更新日:

 前作「わたし、定時で帰ります。」が新鮮であったのは、「お仕事小説」の体裁を取りながらも類似の作品とは明らかに一線を画していたからだ。

 それは書名に表れている。なによりも先に「定時で帰る」ことを宣言するお仕事小説なんてあり得ない。ヒロインの東山結衣が定時で帰ることを宣言しているのは、私生活を大事にしているからだ、ということも書いておきたい。このヒロイン、子供がいるわけでもなければ結婚しているわけでもない。趣味の時間を捻出したいわけでもない。会社近くの上海飯店のハッピーアワーに間に合わないと生ビールが半額にならないのだ。これが素晴らしい。他のことをやりたいから定時に帰るのではなく、何も用事はないのに定時に帰るというのは、自分の人生を会社に支配させないという宣言だからだ。

 本書はその続編だが、何も用事はないのに定時に帰るというのは楽なことではない。そのためにヒロインはさまざまな敵と戦わなければならない。しかもその戦いは複雑な様相を呈しはじめる。結衣を定時で帰すために元婚約者の種田は会社に泊まり込むから、自分だけが定時で帰ればいいのかという問題に結衣は直面するのだ。酒好きで食いしん坊で恋愛偏差値の低いヒロインの周りに、個性豊かな人物を配置し、色彩感豊かな物語が展開するから目が離せない。4月スタートのTVドラマの原作でもある。

 (新潮社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る