「内臓脂肪がストン!と落ちる食事術」江部康二著

公開日: 更新日:

 中年体形の象徴であるポッコリお腹。へこませたいのはやまやまだが、運動はツラいし続かない……。しかし、運動などしなくても、簡単にお腹の脂肪をスッキリさせる方法がある。本書が紹介する、1日2食の食生活と糖質制限だ。

 脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があり、お腹まわりをシェイプアップさせるにはお腹を内臓から出っ張らせている内臓脂肪を落とすのが手っ取り早い。そして、内臓脂肪は皮下脂肪とは異なり、食事の工夫によって簡単に落とすことが可能だ。

 まずは朝食を抜く生活にシフトすること。前日の夕食から当日の昼食までの間“断食”をする形となり、内臓脂肪が燃焼し続ける。朝食抜きと糖質制限を組み合わせれば、お腹がすく原因となる“血糖値の乱高下”が生じないため、お腹がすいて昼まで持たないという事態も避けられる。

 ご飯やパンなどの主食を控える糖質制限もツラいのではないかと思うだろう。糖質制限で頭がボーッとするという経験をしたことがある人もいるかもしれない。しかし、それは糖質と共にカロリーも制限してしまった場合だという。本書で紹介する食事法では、カロリー制限は必要ない。むしろ、肉類、魚介類、卵、乳製品などでタンパク質をたっぷりと取ることを推奨している。これにより、空腹も感じず、我慢を強いられるツラい食事制限にはならないはずだ。

 内臓脂肪は、血管を修復したり血圧を適度に下げるアディポネクチンという善玉ホルモンを減少させ、インスリンを効きにくくしたり血圧を上げる悪玉ホルモンを増加させることも分かっている。我慢のいらない本書の食事術を実践し、スッキリした体形と健康を手に入れよう。

(ダイヤモンド社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

もっと見る

人気キーワード