「人生を変える夜はちみつダイエット」田井祐爾著

公開日: 更新日:

 食事制限をしても運動をしても体重が減らない。そんな人に本書がお勧めするのが、就寝前に大さじ1杯の甘いはちみつをなめること。ダイエットの常識からは考えられないことだが、これによって寝ている間に体脂肪がどんどん消費されていくのだという。

 その秘密は、寝ると分泌される成長ホルモンにある。子どもの成長を促すことで知られるホルモンだが、大人でも分泌され、傷ついた皮膚や骨、筋肉などの組織を修復する作業に携わる。そして、この作業のエネルギーとなるのが、体内に蓄えられている脂肪。つまり、寝ている間に成長ホルモンをしっかりと分泌することができれば、痩せやすくなるというわけなのだ。

 ただし、成長ホルモンを分泌するために働く脳に、十分なエネルギーを補充しておく必要がある。寝ているときの脳には、肝臓や筋肉に蓄えられているグリコーゲンがブドウ糖に分解されて届けられている。ところが、低炭水化物ダイエットなどでグリコーゲンが枯渇していると、脳のエネルギーも不足して成長ホルモンの分泌が阻害される。逆に、糖質を取り過ぎている人でも、高血糖により成長ホルモンの分泌が抑制されてしまう。ダイエットには、糖質を取り過ぎても取らなさすぎてもよくないのだ。

 精製された糖の場合、血糖値が急上昇してインスリンの過剰分泌が起こり、脂肪の増加を招く。しかし、はちみつは血糖値の上昇が緩やかであり、睡眠中のインスリン分泌を一定に保ちながら脳にエネルギーとして供給され、成長ホルモンの分泌を促してくれる。本書では、はちみつ選びのポイントや効率的な取り方も紹介。無理せず痩せたいなら、“夜はちみつ”を始めてみては。

(わかさ出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る