「人生を変える夜はちみつダイエット」田井祐爾著

公開日: 更新日:

 食事制限をしても運動をしても体重が減らない。そんな人に本書がお勧めするのが、就寝前に大さじ1杯の甘いはちみつをなめること。ダイエットの常識からは考えられないことだが、これによって寝ている間に体脂肪がどんどん消費されていくのだという。

 その秘密は、寝ると分泌される成長ホルモンにある。子どもの成長を促すことで知られるホルモンだが、大人でも分泌され、傷ついた皮膚や骨、筋肉などの組織を修復する作業に携わる。そして、この作業のエネルギーとなるのが、体内に蓄えられている脂肪。つまり、寝ている間に成長ホルモンをしっかりと分泌することができれば、痩せやすくなるというわけなのだ。

 ただし、成長ホルモンを分泌するために働く脳に、十分なエネルギーを補充しておく必要がある。寝ているときの脳には、肝臓や筋肉に蓄えられているグリコーゲンがブドウ糖に分解されて届けられている。ところが、低炭水化物ダイエットなどでグリコーゲンが枯渇していると、脳のエネルギーも不足して成長ホルモンの分泌が阻害される。逆に、糖質を取り過ぎている人でも、高血糖により成長ホルモンの分泌が抑制されてしまう。ダイエットには、糖質を取り過ぎても取らなさすぎてもよくないのだ。

 精製された糖の場合、血糖値が急上昇してインスリンの過剰分泌が起こり、脂肪の増加を招く。しかし、はちみつは血糖値の上昇が緩やかであり、睡眠中のインスリン分泌を一定に保ちながら脳にエネルギーとして供給され、成長ホルモンの分泌を促してくれる。本書では、はちみつ選びのポイントや効率的な取り方も紹介。無理せず痩せたいなら、“夜はちみつ”を始めてみては。

(わかさ出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る