「やってはいけないセルフケア」財前知典著

公開日: 更新日:

 肩コリや腰痛がつらいとき、患部をマッサージしても無駄であると本書。その理由は、痛みの原因は患部にあるわけではないためだという。

 私たちの体には、動作のクセによって“頑張っている部分”と“サボっている部分”がある。このアンバランスによって、思いがけない部分の筋肉や関節に不具合が生じるのだという。つまり、コリや痛みを根本から解消したいなら、体の動かし方のパターンを知った上で、体全体を連動して動かせるようになるエクササイズを行うことが大切なのだ。

 本書では、頭を前後に倒す、両腕をひねりながら深呼吸をするなど、自分の体のパターンが分かるさまざまなテストを紹介。胸を反らすようにして体を使うことが身に付いているパターンの人は、背中を丸めて行うエクササイズで体が全方向に動かしやすくなり、コリや痛みの改善につながるという。このタイプの人が胸を反らすようなエクササイズを行うと、かえって体の動きが悪くなり、症状を悪化させることもあるので要注意だ。逆に、背中を丸めるようにして体を使うパターンの人は、胸を反らすエクササイズが有効だ。

 肩コリが生じているのに、それをあまり感じないという人も少なくない。しかし、この状態を放っておくと、頭痛やめまいなど不調が悪化する恐れもある。コリの状態もちょっとしたテストで分かるという。手を開いて指をピンと伸ばし、人さし指だけを手のひらにつくぐらいギュッと丸めてみよう。コリを自覚していなくても手や腕が緊張してコリがたまっている人は、人さし指を丸めることができず、小指が開いて傾いてしまうだろう。

 長引くコリや痛みを解消するには、体の状態を正しく把握することが大切だ。

(KADOKAWA 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る