「快眠は作れる」 村井美月著

公開日: 更新日:

 人間は、基本的に、昼は覚醒し、夜は眠くなるという生体リズムを繰り返している。これは、体内時計によってコントロールされているメカニズムだ。

 かつて体内時計は、脳にのみ存在すると考えられていた。しかし今では、心臓や肝臓、そして皮膚に至るまで、さまざまな臓器に時を刻む時計遺伝子があることが発見されている。そして、脳の“親時計”が各臓器の“子時計”を指揮して、全身の生理機能をコントロールしていることが分かってきたという。

 この体内時計に狂いが生じると、夜に眠れなくなり、眠ったつもりでも快眠が得られない。また、自律神経の乱れを招き、日中の集中力を欠いたり、イライラがたまったり、うつを引き起こすリスクも高まる。本書では、体内時計を整えて質の良い睡眠を得るために最適な習慣を紹介。

 例えば、朝起きたら太陽の光を浴びること。朝の光が網膜から脳に伝わると、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制するスイッチが入り、親時計がリセットされて正しく動き始めるためだ。一方、子時計をリセットするには朝食を食べることが最適。食事により、各臓器に刺激が伝わると、子時計のリセットとともに親時計との同調も起こり、全身の機能がうまく回り始めるという。

 日中に、両腕を前後に連続で振るようなリズム運動を行うこともお勧めだ。これにより、メラトニンの原料であるセロトニンが活発に作られ、夜に眠りにつきやすくなる。また、カフェインの覚醒効果は4~7時間ほど続くため、コーヒーや紅茶などの摂取は16時ごろまででやめるのが無難だ。

 健康への近道は、体内時計に即した生活を送り、質の良い睡眠を得ることと心得よう。

(KADOKAWA 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  5. 5

    巨人エース菅野をむしばむ「最低8回は投げろ」の過酷指令

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    巨人“正捕手問題”解決せず…「打てる捕手」の日は1勝3敗

  10. 9

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  11. 10

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

もっと見る