「幸福の劇薬 医者探偵・宇賀神晃」仙川環著

公開日: 更新日:

 宇賀神の大学病院勤務時代の友人・明石が死んだ。上司・脇本教授のパワハラによる自殺だという噂があった。しかし、脇本は天才的な脳外科医であるとともに、彼が開発中のアルツハイマーの特効薬DB―1が完成間近であり、大学は動こうとしない。明石の葬儀の日、宇賀神は新聞記者の美雪から脇本の助手をしていた明石が手術中にミスをして患者を死なせてしまったらしいと耳にする。美雪は脇本の指示で手術ミスが隠蔽されたと疑っているようだ。上司の不正を告発して大学病院を追われ、今は診療所の雇われ院長をしている宇賀神は、親友の死の真相を突き止めるために動き始める。

 落ちこぼれ医師が、夢の特効薬開発をめぐる陰謀を暴く書き下ろし長編ミステリー。

 (講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る

人気キーワード