「幸福の劇薬 医者探偵・宇賀神晃」仙川環著

公開日: 更新日:

 宇賀神の大学病院勤務時代の友人・明石が死んだ。上司・脇本教授のパワハラによる自殺だという噂があった。しかし、脇本は天才的な脳外科医であるとともに、彼が開発中のアルツハイマーの特効薬DB―1が完成間近であり、大学は動こうとしない。明石の葬儀の日、宇賀神は新聞記者の美雪から脇本の助手をしていた明石が手術中にミスをして患者を死なせてしまったらしいと耳にする。美雪は脇本の指示で手術ミスが隠蔽されたと疑っているようだ。上司の不正を告発して大学病院を追われ、今は診療所の雇われ院長をしている宇賀神は、親友の死の真相を突き止めるために動き始める。

 落ちこぼれ医師が、夢の特効薬開発をめぐる陰謀を暴く書き下ろし長編ミステリー。

 (講談社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る