「残業税マルザの憂鬱」小前亮著

公開日: 更新日:

 元フリーターの夏目は、親戚の営むデイサービスに就職したが、激務で体を壊してしまう。数日後、出社すると会社は同業者に買収されていた。再雇用された夏目は、以前では考えられなかった待遇に満足し、仕事にもやる気を覚える。

 そんなある休日、派遣社員のひとみに誘われ食事に行った夏目は、彼女から残業代のことをしつこくたずねられる。おまけにひとみといるところを同棲中の恋人・海羽に目撃され、海羽は家を出て行ってしまう。翌日、出社するとひとみはクビになっていた。(「ボランティア・ケア」)

 労働者を守るために残業代に「時間外労働税」が導入された社会を舞台に、長時間労働の現場で働く人々と彼らを救うために活躍する残業税調査官=マルザを描くお仕事ミステリー。

 (光文社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  2. 2

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  6. 6

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  7. 7

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  10. 10

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る