「残業税マルザの憂鬱」小前亮著

公開日: 更新日:

 元フリーターの夏目は、親戚の営むデイサービスに就職したが、激務で体を壊してしまう。数日後、出社すると会社は同業者に買収されていた。再雇用された夏目は、以前では考えられなかった待遇に満足し、仕事にもやる気を覚える。

 そんなある休日、派遣社員のひとみに誘われ食事に行った夏目は、彼女から残業代のことをしつこくたずねられる。おまけにひとみといるところを同棲中の恋人・海羽に目撃され、海羽は家を出て行ってしまう。翌日、出社するとひとみはクビになっていた。(「ボランティア・ケア」)

 労働者を守るために残業代に「時間外労働税」が導入された社会を舞台に、長時間労働の現場で働く人々と彼らを救うために活躍する残業税調査官=マルザを描くお仕事ミステリー。

 (光文社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る

人気キーワード