「完全無罪」大門剛明著

公開日: 更新日:

 弁護士の千紗は、少女誘拐殺人事件の犯人・平山の再審請求の担当を任される。事件は21年前、千紗の故郷・香川県で起きた。河川敷で見つかった当時7歳の明穂の遺体には、暴行の痕跡があった。小学校の用務員だった平山は、取り調べで犯行を自白したが、公判では無実を主張。しかし、彼の車から見つかった明穂の毛髪が証拠となり無期懲役の判決が下されていた。

 21年前、近所では同一犯と思われる少女誘拐事件が3件発生しており、千紗もその被害者のひとりだった。千紗は運よく監禁場所から逃げ出すことができたが、犯人が平山だったか確信がない。真相を知りたい千紗は、平山と向き合う。

 若き女性弁護士が、冤罪事件の深い闇に立ち向かう長編ミステリー。

 (講談社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  10. 10

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

もっと見る

人気キーワード