「テロリストのパラソル」藤原伊織著

公開日: 更新日:

 酒好きの探偵が主人公のミステリーはけっこう多い。というより、下戸の探偵というのはハードボイルドになりにくい。とはいえ、度を超してアル中にまでなるとキャラクターづくりがむずかしい。本書の主人公は手が震えようがお構いなしにひたすら酒を流し込むという破滅型で、そのキャラクターがこの物語の暗鬱な空気と響き合っていく。

【あらすじ】新宿5丁目のバーのバーテン兼雇われ店長の島村。ある秋の朝、いつものように新宿中央公園の芝生の上で横になり、アル中のため震える手でウイスキーを飲んでいた。

 ようやく震えが収まり始めた頃、地響きと悲鳴が耳に飛び込んできた。公園内で爆弾が破裂し、17人の死者と多数の負傷者が出たのだ。幸い無傷の島村はその晩、店の外で3人の男に襲われ、その日に見たものを忘れろと警告される。

 翌朝、新聞を見ると爆破事件の死者の中にかつての知り合い2人の名があった。島村は東大在学時代には全共闘の活動家で、20年前の1971年に起きた車爆弾事件で友人の桑野と共に指名手配され、以後名前を変えて逃亡生活を送っていた。外国へ逃げていたはずの桑野がなぜか公園の爆破に巻き込まれ、一時期島村と同棲していた園藤優子も同じ場所で命を落としていた。おまけに、うかつにも現場に指紋を残していた島村は重要参考人として指名手配されてしまい、再び追われる身に。

 一体何が起きているのか。島村は身を隠すと同時に事件の真相を追っていく……。

【読みどころ】学園闘争も遠い昔話となった平成の世に亡霊のように突如現れたテロルの記憶を、島村は強いアルコールと一緒に飲み干していく。史上初の乱歩賞&直木賞ダブル受賞を果たした逸品。 

(文藝春秋 690円+税)

<石>

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

  10. 10

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る