「椿宿の辺りに」梨木香歩著

公開日: 更新日:

 某化粧品会社の皮膚科学研究員、佐田山幸彦は、三十肩の激痛に悩んでいる。それは、存在の基盤を揺るがすような痛みだった。ある日、疎遠だったいとこの海子に所用で連絡すると、彼女もまた原因不明の痛みに苦しんでいた。海子の正式な名は海幸比子。神話の海幸・山幸にちなんでこう名づけられた2人は、痛みという共通の苦悩から逃れようと、距離を縮める。

 海子に紹介された仮縫鍼灸院には一風変わった双子兄妹がいて、痛みの原因は深いところにあるという。実家で寝ついている祖母を見舞うと、夢枕に立った亡き祖父の伝言を告げられた。祖父は明治以来4代にわたって受け継いできた椿宿の屋敷の後始末を心配しているという。自分の体の痛みは先祖からもたらされたとでもいうのか?

 先祖に導かれるように、山幸彦は生まれて初めて椿宿に赴く。祖父のお告げに従って、敷地にある小さなお稲荷さんに油揚げを供えた。お稲荷さんの存在は、先祖の出自と運命の証しだった。

「古事記」の海幸・山幸に3人目の宙幸彦が加わって、ある一族の物語が展開する。自然のダイナミズムと人間の営み、土地の傷と人間の傷、体の痛みと心の痛みは、深く結びついている。見えないものの深遠を軽やかに描いた長編小説。

 (朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る