「夢見る帝国図書館」中島京子著

公開日: 更新日:

 小説家志望のフリーライター「わたし」が、国際子ども図書館の取材をした帰り道、公園で喜和子さんなる人物に遭遇するところから物語は始まる。喜和子さんは根っからの本好きで、なぜか「わたし」に図書館が主人公の小説を書くよう勧めた。図書館に通いがてら喜和子さんと定期的に顔を合わせるうち、戦後、上野で過ごしてきた喜和子さんの過去と、日本で最初の国立図書館がたどってきた歴史が少しずつ見え始める。しかし、「わたし」が小説家となり、生活も変わる中で次第に喜和子さんと疎遠になってしまう。ふと会いたくなって立ち寄った上野に、すでに喜和子さんの家はなかった。「わたし」はつてをたどって、喜和子さんを探し始めるのだが……。

「小さいおうち」で直木賞を受賞後、「妻が椎茸だったころ」で泉鏡花賞、「長いお別れ」で中央公論文芸賞など、近年賞ラッシュの著者による最新作。主人公は、喜和子さんに導かれるようにして図書館の歴史をひもとく。資金難や戦争などをかいくぐり、本を愛する人を見守りながら生き延びてきた図書館に対する万感の思いが、本書にはつまっている。

 (文藝春秋 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る