「鬼を待つ」あさのあつこ著

公開日: 更新日:

 北町奉行所同心の冷徹な木暮信次郎と刺客の過去を持つ遠野屋清之介、そして木暮の手下で岡っ引きの伊佐治の3人が活躍する〈弥勒〉シリーズの最新第9作。

 本所尾上町の小料理屋「梅屋」にいた伊佐治の元に、石川町の飲み屋で男2人が殴り合っているとの知らせが入った。殴られたのは大工の棟梁・慶五郎で、額が割れたが命に別条はない。しかし、殴った菊八は翌朝、寺の境内で首を吊った状態で発見された。

 慶五郎は伊佐治に「殴り合いの種は自分にある、菊八の女房とせがれの面倒を見る」と言い、菊八の女房も渋々ながら受け入れ一件落着となる。

 2カ月後の早朝、本所深川で五寸釘で首を貫かれた死体が出た。男は慶五郎だった。同じ頃、事件がつづられた読売に目を通した遠野屋清之介は妙な胸騒ぎを感じる……。

(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る