「花を呑む」あさのあつこ著

公開日:  更新日:

 北定町廻り同心、木暮信次郎と小間物問屋の主人、遠野屋清之介、そして木暮の手下で岡っ引きの伊佐治の3人が活躍する〈弥勒〉シリーズの最新第7作。

 油問屋、東海屋のお内儀お栄が叫び声を聞きつけて主人の五平の部屋に入ると、そこには口からボタンの花弁をあふれさせた五平の姿があった。しかも、部屋の隅には腰から下のない白いじゅばんを着た幽霊がいた。五平の妾、お宮が死んでいるのが発見されるに及び、五平から別れ話を持ち出されたお宮が自死し、その恨みで五平をとり殺したという噂が江戸の町を駆け巡る。この怪異な事件の真相に迫るべく、信次郎は伊佐治に五平の身辺を洗うよう指示する。一方、清之介は、病に侵された兄の薬代として500両を用立てることになるが、これが信次郎らの事件と結びつくことに――。

 一切の感情を排し冷徹な信次郎と、過去の闇にとらわれる清之介の緊張感のある関係がこのシリーズの要だが、本作でも2人の静かだが熾烈な心の内の戦いが繰り広げられる。(光文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る