北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「緋い空の下で」(上・下)マーク・サリヴァン著、霜月桂訳

公開日: 更新日:

 実話をもとにした第2次大戦秘話だ。舞台は1943年のイタリア。主人公は17歳の少年ピノ。物語の前半は、ナチスに追われて逃げるユダヤ人のアルプス越えを案内するピノの活躍を描きだす。これが大変なのである。

 ドイツ軍の目を逃れるだけでなく、パルチザンをかたる強盗団からも身を守らなければならない。さらには、雪崩という自然の猛威もある。次々に起きるアクシデントをピノが機知と勇気でいかに克服していくかが前半のキモ。これだけでも十分に面白いが、もちろんこれだけではない。

 後半の舞台はミラノ。イタリアを占領しているドイツ軍の高官ライヤーズの運転手になるのだ。ライヤーズ少将はナチスのナンバー2であるから、さまざまな情報が集まってくる。というわけで、物語の後半は、スパイとして活動するピノの物語になっていく。

 本書がもし冒険小説なら、そしてスパイ小説なら、戦争が終結した段階で物語は終わっていただろう。そこで終わらないのがこの小説のキモだ。戦後の日々がなぜこの物語に必要であったのか。それは戦争に翻弄される人間のかたちを描くことがこの長編のテーマだからである。だから、ピノとその恋人アンナの「その後」を描いていく。

 この小説が胸に残るのは、アルプスの興奮、ミラノにおける戦争の日々に続いて、戦後の混乱までもを克明に描いているからだ。だから強い印象を残して忘れ難い。 (扶桑社 各980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  5. 5

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  8. 8

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  9. 9

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る