北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「訴訟王エジソンの標的」グレアム・ムーア著 唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 19世紀末のニューヨークを舞台にした物語である。描かれるのは、電流戦争だ。これはエジソンの会社がすすめる直流電流と、そのライバル会社ウェスティングハウスがすすめる交流電流の争いである。

 直流電流の送電可能距離は短く、そのために遠くまで電気を届けるためにはいくつもの発電機を設置しなければならない。対して交流電流は、発電所から長距離の送電が可能になる。この2つの電力供給システムをめぐり、19世紀末に実際に「電流戦争」があり、それを小説として描いたのが本書なのである。

 主人公は若き弁護士ポール。彼は、ウェスティングハウスに雇われてエジソンと対決することになるが、その切り札はエジソンに邪険にされ、過去に袂を分かった発明家ニコラ。この男の造形がまず鮮やかだ。とにかく言動が不思議な奇人なのである。

 それとやはりエジソンの造形が際立っている。ライバル会社に勝つために訴訟を600件(!)も起こし、あの手この手で勝ち上がろうとする。時には犯罪も辞さないから結構イヤなやつだ。もっとも最後には、同情したくなっているので、それもこの小説の持ち味かも。本当の悪人はいつも別のところにいるものだ。

 電球や電流のことがわからない読者でもたっぷりと楽しめるように書いているのもうまいし、読み始めたら一気読みするほどストーリー運びも秀逸だ。

(早川書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  7. 7

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  8. 8

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  9. 9

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る