北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「訴訟王エジソンの標的」グレアム・ムーア著 唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 19世紀末のニューヨークを舞台にした物語である。描かれるのは、電流戦争だ。これはエジソンの会社がすすめる直流電流と、そのライバル会社ウェスティングハウスがすすめる交流電流の争いである。

 直流電流の送電可能距離は短く、そのために遠くまで電気を届けるためにはいくつもの発電機を設置しなければならない。対して交流電流は、発電所から長距離の送電が可能になる。この2つの電力供給システムをめぐり、19世紀末に実際に「電流戦争」があり、それを小説として描いたのが本書なのである。

 主人公は若き弁護士ポール。彼は、ウェスティングハウスに雇われてエジソンと対決することになるが、その切り札はエジソンに邪険にされ、過去に袂を分かった発明家ニコラ。この男の造形がまず鮮やかだ。とにかく言動が不思議な奇人なのである。

 それとやはりエジソンの造形が際立っている。ライバル会社に勝つために訴訟を600件(!)も起こし、あの手この手で勝ち上がろうとする。時には犯罪も辞さないから結構イヤなやつだ。もっとも最後には、同情したくなっているので、それもこの小説の持ち味かも。本当の悪人はいつも別のところにいるものだ。

 電球や電流のことがわからない読者でもたっぷりと楽しめるように書いているのもうまいし、読み始めたら一気読みするほどストーリー運びも秀逸だ。

(早川書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  2. 2
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 3
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  4. 4
    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

    杏が見せつけた唐田えりかとの「格の違い」新ドラマの視聴者取り込みに期待

  5. 5
    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

    自民・河村建一候補「比例中国」→「比例北関東」追放劇のア然…安倍家・岸家に影響力低下の焦り

もっと見る

  1. 6
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  2. 7
    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

    画像のモザイクを消す動画編集ソフトの“底力”…無修正に加工し1100万円荒稼ぎ男逮捕

  3. 8
    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

    代走の切り札・植田海 高校の恩師は「最初のノック1球でレギュラー決定」

  4. 9
    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

    巨人の連敗脱出は「すべて岡本にかかっている」と“師匠”…4番急失速の原因もズバリ指摘

  5. 10
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

人気キーワード