北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「訴訟王エジソンの標的」グレアム・ムーア著 唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 19世紀末のニューヨークを舞台にした物語である。描かれるのは、電流戦争だ。これはエジソンの会社がすすめる直流電流と、そのライバル会社ウェスティングハウスがすすめる交流電流の争いである。

 直流電流の送電可能距離は短く、そのために遠くまで電気を届けるためにはいくつもの発電機を設置しなければならない。対して交流電流は、発電所から長距離の送電が可能になる。この2つの電力供給システムをめぐり、19世紀末に実際に「電流戦争」があり、それを小説として描いたのが本書なのである。

 主人公は若き弁護士ポール。彼は、ウェスティングハウスに雇われてエジソンと対決することになるが、その切り札はエジソンに邪険にされ、過去に袂を分かった発明家ニコラ。この男の造形がまず鮮やかだ。とにかく言動が不思議な奇人なのである。

 それとやはりエジソンの造形が際立っている。ライバル会社に勝つために訴訟を600件(!)も起こし、あの手この手で勝ち上がろうとする。時には犯罪も辞さないから結構イヤなやつだ。もっとも最後には、同情したくなっているので、それもこの小説の持ち味かも。本当の悪人はいつも別のところにいるものだ。

 電球や電流のことがわからない読者でもたっぷりと楽しめるように書いているのもうまいし、読み始めたら一気読みするほどストーリー運びも秀逸だ。

(早川書房 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

もっと見る

人気キーワード