北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「生物学探偵セオ・クレイ 森の捕食者」アンドリュー・メイン著、唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 はっとするほど新鮮な物語だ。主人公は、生物情報工学を駆使して事件を解決する天才教授セオ・クレイ。この男がとにかくすごいのである。

 まだ事件が表面化していないのに、先に死体を発見してしまうのだ。自然科学に対する広範囲な知識を持ち、分析力にも優れ、さらに斬新な手法で推理を積み重ねるセオ・クレイにしてみれば、このあたりに死体が埋まっているはずだ、というのは当然の結論なのだが、そう言われた警察はどうするか。まだ事件が表面化していないのである。それなのに死体を発見するということは、おまえが埋めたのではないかと疑うのも当然。あまりに鮮やかすぎる推理は疑わしい、のである。現代の名探偵はその疑いを解くところから始めなければならないから大変だ。

 真実をあぶりだす過程がスリリングで、スピーディーであること。モーテルの支配人ガスや、ウエートレスのジリアンなど、脇役が活写されていること。最後に現れる「悪役」の存在感に圧倒されること。凄まじいアクションが迫力満点であること。なんと美点が4つも積み重なった傑作なのである。読み始めたら止まらないほど面白いから素晴らしい。

 マジシャンでもあるという著者のアンドリュー・メインは、これが日本初紹介。本書はセオ・クレイシリーズの第1作で、すでに3作まで書かれているというから、すみやかに続刊が翻訳されることを期待したい。 (早川書房 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  6. 6

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る