北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「高校サッカーボーイズU―18」はらだみずき著

公開日: 更新日:

 サッカーボーイズ・シリーズ高校生編がついに完結である。これで中学生編5巻、高校生編3巻の合計8巻が出たことになるが、その8巻目を突然いまさら紹介されたって、これから全部読むのは大変だと思われるかもしれない。しかし、この希有なシリーズがついに8巻まで出たことを記録として残しておきたいと思う。それに、この8巻目を読んで、ここからさかのぼってもいいのだ。

 それでは、このシリーズが希有であるとはどういうことか。まずそこから始めたい。これは突出した才能を持つプレーヤーの誕生物語ではない。1人の天才が幾多の困難を乗り越えて、世界に羽ばたいていく物語ではない。そういう話も面白いとは思うものの、これはそうではない。どこにでもいるようなサッカー好きの少年たちの物語なのである。つまり、私たちの物語なのだ。

 中学生のときはボールを追いかけるだけで面白かったが(いや、それでも実にさまざまなことが起きて、それを活写してきたから、このシリーズが素晴らしかったのだが)、高校生になるとそういうわけにはいかなくなる。

 少年たちは現実に直面するのだ。ひらたく言えば、自分よりもサッカーのうまい子はたくさんいる。だから試合に出ることも出来ない。高校生編を貫くのはその苦さである。私たちの物語である、というのはそういうことだ。この次に始まるのは大学生編なのか、社会人編なのか。それを楽しみに待ちたい。

(KADOKAWA 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る