「書物の破壊の世界史」フェルナンド・バエス著、八重樫克彦、八重樫由貴子訳

公開日: 更新日:

 ホロコーストとは、ナチス政権が、第2次世界大戦中に行ったユダヤ人などの組織的な大量虐殺を指す。同政権はそれに先立ち、何百万冊もの本を破壊する“ビブリオコースト”を行っていた。まさに、ハインリッヒ・ハイネの「本を燃やす人間は、やがて人間も燃やすようになる」という予言が現実となったわけだ。

 しかし、これはナチスだけの暴挙ではなく、じつはこの世に書物というものが生まれると同時に、時の為政者たちによるビブリオコーストが連綿と続けられてきた。

 歴史上のビブリオコーストといえば、秦の始皇帝の「焚書坑儒」が有名だが、それよりはるか以前、粘土板に書かれた人類最初の書物が誕生した古代シュメールにおいて、戦争などによって破壊された文書は10万を超えるという。

 本書は、副題にある通り、このシュメールの粘土板から21世紀のデジタル時代までの5000年に及ぶビブリオコーストの歴史を詳細に跡づけたもの。アレクサンドリア図書館の破壊をはじめ、キリスト教の異端審問における弾圧、ソビエト政権下における検閲と焚書、近いところでは、2003年にイラクのバグダッドで国立図書館の蔵書100万冊が燃やされた。

 ボルヘスが言うように「書物は記憶と想像力の延長」なら、ビブリオコーストは人類の記憶と想像力の破壊にほかならない。本書に記される歴代の書物破壊はおぞましい限りだ。それでも世に本は満ちている。「古事記」に、イザナミがイザナギに、あなたの国の人間を1日1000人ずつ殺すと言ったのに対し、イザナギは、ならば1日に1500人ずつ生まれるようにすると言ったという挿話がある。書物もまた、破壊を被りながらも、それを上回る新しいものを生み出し続けているのだ。 〈狸〉

(紀伊國屋書店 3500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る

人気キーワード