「測りすぎ」ジェリー・Z・ミュラー著 松本裕訳

公開日: 更新日:

 いまや、ツイッターやインスタグラムのフォロワー数がその人の人気の大きな指標となっている。以前であれば、自身が発信した情報に対してどんな反応があるのかは見定めにくかったのだが、現在のSNSではそれが即座に数値として「測る」ことができる。同様に、さまざまな分野でそれぞれの測定基準によってそのパフォーマンス(成果、業績)が評価されている。 たとえば、世界の大学のランキングを測るときのひとつの測定基準に、他の論文に多く引用されている高被引用論文数がある。引用頻度の高い論文を輩出する大学ほどレベルが高いというわけだ。

 しかし、本書の著者はその測定基準を重視する結果、一部の学者が非公式な引用サークルを結成し、お互いの論文を可能な限り引用するという弊害を生むと警告する。これは大学に限らない。本書には、各分野で成績を良くするために、あの手この手を駆使する様子が描かれている。

 共通テストの平均点による学校のランキング評価では、学力の低い生徒を「障害者」として評価対象から排除して成績の平均を上げ、術後30日経過した時点での患者の生存率が測定基準になる医療現場では、成績を下げそうだという理由でリスクの高い患者の受け入れを拒否し、重罪犯罪率を引き下げるために、通報を受けた警察官が、侵入窃盗は不法侵入に、押し入り強盗は器物破損に、窃盗は遺失物として記録する……。

 本書で取り上げられている例はいずれも米国のものだが、日本でも同様のことが行われているだろうことは、近年の各種改ざん事件からも容易に推測できる。本来なら公正な判断をするための指標のはずが、いつの間にか「測定強迫症」に陥って数字の奴隷になってしまう。まさに忖度(そんたく)という名の「測りすぎ」である。 <狸>

(みすず書房 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード