「ぼくの伯父さん 長谷川四郎物語」福島紀幸著

公開日: 更新日:

 本を読むことが日常の一部になってから久しいが、まだ本読みの初心者だった頃に目にした言葉がいまだに自分の指標となっている。「仮りの世に家は借りてぞ住むべかり/本は買うてぞ読むべかりける」。長谷川四郎の「知恵の悲しみ」のあとがきに書かれていたものだ。その当時から「長谷川四郎」という名前は特別な輝きを放っていた。その四郎さんが亡くなって30年にして書かれた初の本格的評伝が本書だ。

 著者は雑誌「新日本文学」編集部に在籍していた頃から長谷川と親交があり、「長谷川四郎全集」(全16巻)では、編集を担当するとともに各巻に「解題・略伝」を書いた。550ページを超す大部だが、ストイックなまでに余計な言葉は挟まず、長谷川が書いた文章や他の人間の長谷川評を丁寧に拾い上げながら、あくまでも客観的に長谷川の生涯をつづっていく。

 父の世民は北海新聞主筆で北一輝の恩師、長兄の海太郎は林不忘・牧逸馬・谷譲次の3つのペンネームで活躍したベストセラー作家、次兄の潾二郎(りんじろう)は作家・画家、三兄の濬(しゅん)はロシア文学者という文筆家一家に生まれた四郎は、生まれながらに作家の道を歩むべく運命づけられたかのようだが、その人生を大きく変えたのは4年半に及ぶシベリアの抑留生活だった。

 本書には、生まれ育った函館の町の思い出、満鉄調査部に入って中国へ渡り現地でソ連軍にとらわれたこと、シベリアから引き揚げ、翻訳で糊口をしのぎながら抑留体験をもとにした小説「シベリヤ物語」を書いたこと、「新日文」や「記録芸術の会」での奮闘ぶり、そして最晩年の病床での様子に至るまで実に事細かに書かれている。筆致は禁欲的だが、行間からは四郎さんの肉声を知る人だからこその温かいまなざしが伝わってくる。 <狸>

(河出書房新社 4400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る