「オカルティズム」大野英士著

公開日: 更新日:

 名探偵シャーロック・ホームズの生みの親、コナン・ドイルは晩年のほとんどを心霊術研究に費やし、超常現象に関する本まで書いている。また、発明王エジソンはブラヴァツキー夫人の神智学協会に加盟していたことが知られている。科学的な合理主義精神の持ち主と思われるこの2人が、なぜそうした非理性的なものに引かれたのか? そんな疑問に答えてくれるのが本書だ。

 本書は、ヨーロッパの歴史の中で連綿と引き継がれてきた秘教的神秘主義(オカルティズム、エゾテリスム)の系譜をたどり、変遷する世界認識の枠組みの中で、オカルティズムがいかなる社会現象を引き起こしてきたのかを跡づけたものだ。ここで取り上げられているのは、魔術、占星術、錬金術、動物磁気、心霊術、聖母マリア出現、フリーメーソン、ナチス・オカルティズム等々。こうして並べただけでも、ヨーロッパの歴史の中でオカルティズムがいかに大きな役割を果たしてきたのかがわかる。

 注目すべきは、唯物論や進化論、実証主義などの合理的精神が席巻した19世紀に心霊術が大きな流行となったことだ。ここで現れたポルターガイストや降霊円卓(日本のコックリさん)といったオカルト現象が、科学主義・医学の発達と根を同じくする「疑似科学」の衣をまとうことによって、正統科学のカウンターとしての役目を果たした。それはまた、従来のカトリック信仰やプロテスタント信仰では回収できない信仰(死後の魂の存在=永遠の生命)の希求にこたえるものでもあった。

 近年のニューエイジブームもそうだが、これらは決して過去の話ではない。今後も、新たな装いのオカルティズムが繰り返し現れるに違いない。そうしたときに本書は良き道しるべとなるだろう。 <狸>

(講談社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード