「炎天夢 東京湾臨海署安積班」今野敏著

公開日: 更新日:

 東京湾臨海署に、江東マリーナで死体が揚がったとの報が入り、強行犯第1係、通称安積班の面々が現場に駆けつける。被害者はグラビアアイドルの立原彩花。絞殺後、海に遺棄されたとみられるが、彼女のサンダルがマリーナに係留されていたプレジャーボートの船上で見つかる。

 船の持ち主はプロダクションサミットの柳井武春。柳井は元暴力団員で彼に逆らうと芸能界では生きていけないといわれるほどの実力者だ。しかも、彩花は柳井の愛人だという噂もある。捜査本部は柳井を被疑者として捜査に当たる方針で固まったが、白河刑事部長だけは違う見方を示した。13年前の芸能プロダクション社長の死に柳井が関与したのではないかとされたが、事故として処理されたその捜査責任者が白河で、以後2人は親しい付き合いをしているらしい……。

 第1作刊行から30年を超える長寿シリーズの最新刊。事件そのものよりも捜査に当たる捜査員たちの心理が細やかに書かれるのがこのシリーズの魅力。本作も安積以下お馴染みのメンバーの個性が光っている。

(角川春樹事務所 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

もっと見る

人気キーワード