「金剛の塔」木下昌輝著

公開日: 更新日:

 聖徳太子が593年に創建した四天王寺は、最古の仏教寺院として有名だが、中でも威容を誇っているのが五重塔だ。しかし創建から250年ほど後に落雷に遭い、以後火事や兵乱により焼失し、7回も再建され、現在あるのは8代目。ただし、その間に遭遇した地震で塔が倒壊することはなかった。そこには独自の技術が施され、1400年間伝承されてきた。本書は、百済から渡ってきた宮大工の金剛一族の末裔を主人公に据えて、その技術がいかに伝承されていったのかを描いたもの。

 序章の舞台は現代。大手ハウスメーカーの設計士・高木悠はある夜、妙な夢を見る。幼い自分が四天王寺の境内で金剛一族の血を引く魂剛組の職人と話している。仕事に行き詰まった悠は翌朝、辞表を出して四天王寺に向かう……。

 続く1章は戦国時代へと移り、以後、平安時代、江戸後期、平安後期、江戸初期、創建時……といくつもの時空を超えていく。現代の丸の内ビルディングの耐震構造やスカイツリーにも応用されている五重塔の建築技術の秘密に迫った技能時代小説。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る