「金剛の塔」木下昌輝著

公開日: 更新日:

 聖徳太子が593年に創建した四天王寺は、最古の仏教寺院として有名だが、中でも威容を誇っているのが五重塔だ。しかし創建から250年ほど後に落雷に遭い、以後火事や兵乱により焼失し、7回も再建され、現在あるのは8代目。ただし、その間に遭遇した地震で塔が倒壊することはなかった。そこには独自の技術が施され、1400年間伝承されてきた。本書は、百済から渡ってきた宮大工の金剛一族の末裔を主人公に据えて、その技術がいかに伝承されていったのかを描いたもの。

 序章の舞台は現代。大手ハウスメーカーの設計士・高木悠はある夜、妙な夢を見る。幼い自分が四天王寺の境内で金剛一族の血を引く魂剛組の職人と話している。仕事に行き詰まった悠は翌朝、辞表を出して四天王寺に向かう……。

 続く1章は戦国時代へと移り、以後、平安時代、江戸後期、平安後期、江戸初期、創建時……といくつもの時空を超えていく。現代の丸の内ビルディングの耐震構造やスカイツリーにも応用されている五重塔の建築技術の秘密に迫った技能時代小説。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

人気キーワード