「愛なんてセックスの書き間違い」ハーラン・エリスン著 若島正、渡辺佐智江訳

公開日: 更新日:

 ハーラン・エリスンは、アメリカのSF界を代表する短編小説作家。「世界の中心で愛を叫んだけもの」「死の鳥」などの作品で知られ、日本でも放映されたテレビドラマ「アウターリミッツ」「ヒッチコック劇場」などの脚本も手掛けた。

「愛なんてセックスの書き間違い」は、1968年に出版された初期の短編集のタイトル。これを基に日本でオリジナル編集した非SF作品11編を集めている。全編本邦初訳。

 父を探し出して殺すためにイチゴ農園にやってきた16歳の少年フェアは、飢えた野生の獣のようだ(「第四戒なし」)。妻と別れたポールは手当たり次第に女と寝る放埓な生活をしながら、悪夢と恐怖に苛まれている(「孤独痛」)。学識豊かな紳士メストマンは、穏やかな日常を脅かす隣家の不良息子を許すことができなくなっていく(「ガキの遊びじゃない」)。

 非行少年、暴力、殺人、セックス、闇の妊娠中絶、ラジオDJ、ジャズ……。俗っぽくてテンポのいい会話、映像を見るような暴力シーン、男心をそそる女たち。痛々しくとがった若者は、映画「理由なき反抗」のジェームズ・ディーンや「ウエスト・サイド物語」の不良たちを思わせる。1950~60年代アメリカの暗部の気配が漂う刺激的な傑作ぞろい。

 後にカリスマ作家となったエリスンは、昨年6月に、84歳で亡くなった。

(国書刊行会 2400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

もっと見る

人気キーワード